<< 日米外相会談 米側は重ねて普天間問題で日米合意の履行を要求 日米同盟深化協議で合意(産経新聞) | main | 政教分離 「神社に市有地提供」20日に最高裁大法廷判決(毎日新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.16 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


<野良猫>競輪場バンクに侵入 対応に苦慮(毎日新聞)

 福岡県久留米市の久留米競輪場のバンク(コース)に野良猫が侵入し、選手の練習が中断するなどの支障が出ている。時速約70キロで疾走する競技用自転車にブレーキはなく、衝突すれば転倒は免れず、選手の生命が危険にさらされるという。運営する市は猫の捕獲・殺処分を検討したが、動物愛護団体が中止を求めたため、対応に苦慮している。

【猫といえば】こちらは執行役員のたま

 市競輪事業課によると、競輪場周辺には以前から野良猫が住み着いていたが、2、3年前から数が増え始め、現在50〜60匹いるという。えさを与えたり、猫を捨てたりする人が後を絶たないことが原因らしい。

 バンクは高さ2〜3メートルのフェンスで囲まれているが、継ぎ目などにすき間があり、猫は容易に侵入できる。レース直前に選手が入退場する「敢闘門」に猫が近づき、職員が追い払うこともあるという。

 練習中にも猫がバンクを横切るケースも。危険を回避するため、選手たちが一斉に声を掛け合って走行を中断することもしばしばだ。日本競輪選手会福岡支部長の藤田剣次選手(32)は「練習に集中できないし、転倒してけがでもすれば仕事(レース)ができなくなり収入は減る。重大な問題」と話す。

 選手会は昨年8月、市に対し、危険性を訴えるとともに野良猫の排除を要望した。市は捕獲・殺処分を検討したが、動物愛護団体「くるめ動物応援団」(本部・久留米市、木村文一代表)が中止を求め、不妊手術などの対策を提案した。

 これを受け、市は猫の侵入を防ぐためにフェンスのすき間を金網で埋め、バンクに近づく猫の追い払いを徹底。さらに、えさを与えないよう呼び掛ける文書を場内で配布した。里親探しも始め、これまで子猫約10匹が職員や選手にもらわれている。

 市の担当者は「冬になって猫は少なくなったが、繁殖期の春になると心配。選手の安全を確保するための抜本的対策が必要なのだが……」と頭を悩ませている。【松尾雅也】

【関連ニュース】
【写真で見る】人間と共生する猫たち 十猫十色で悠々自適
<猫のまち>谷中銀座商店街
【かわいい動物たくさん】毎日動物園
【写真特集】美しい鳥たちの姿を写真で

「戦って」は検察批判ではない 鳩山首相(産経新聞)
ニューハーフと「結婚」、群馬の消防職員懲戒免(読売新聞)
「君もヒルズ族に」学生コロリ…契約内容理解せず(読売新聞)
<人事院>事務総長に吉田氏が就任へ(毎日新聞)
民主党の高嶋、平田両氏がマスコミに八つ当たり(産経新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.06.16 Wednesday
  • -
  • 03:30
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
リンク
競馬情報
ブラック キャッシング OK
ネイルサロン
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
クレジットカード現金化 即日
自己破産
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM